« ぼくのなつやすみ2008第一弾(4):人は言う、それはただの五目釣りであると。 | メイン | 家でやろう。むしろ家から出るな。 »

ぼくのなつやすみ2008第一弾(5):本当の闘いはこれからだ

三日目の朝。この日は10時までにチェックアウトせねばなりません故、拒否する身体を無理やり起こして退出の準備です。軽く部屋を片付けて、ゴミを指定の場所に出して、カギを返却。お世話になりました。とても居心地が良くて素晴らしい時間を過ごせました。また来ます。つーかガンガン使わせていただきます。

那珂湊漁港の魚市場に寄って、お土産などを購入。豆アジも買って帰ろう、と思っていたら初日にみた大量の豆アジの姿がどこにも無い。市場の人曰く、「連休中、市場はやってるけど漁自体は休んでるので豆アジはもう売り切れたねー」、ってことらしい。しょんぼり。今回最大の目的にしていたアジの南蛮漬けにはとことん縁が無かったってことか。

帰り道も全く渋滞は無く、昼過ぎには練馬の自宅に到着。かなり良いプチリゾート旅行でございましたな。

釣った魚はきれいに食べつくします

ちょいと昼寝をして疲れを取ってから、夕飯も兼ねて釣ってきた魚を調理いたします。調べたところ、イシモチはやはり身が淡白ゆえに「バター焼き」だとか「から揚げ」だとか、油を使った調理が最適との事。今回は数も少ないし、全部から揚げにすることにします。中骨は骨せんべいに。ナスをついでに一緒に揚げて、アジはそのまま焼いて。少々くどいですが、ビールと一緒に美味しくいただけたので良し。

早くも次回、いつどこに釣りに行くかを我が家では検討しております。とりあえずは手近な東京湾で、サッパ&アジでも釣ろうかと思っているのですが、ここで緊急事態が発生。昨年秋~冬にお世話になった、芦ノ湖「やまびこ」さんのページを見ると、ここ最近とても暑い中にも関わらずワカサギが100~200匹も釣れている、などと目を疑う釣果情報が掲載されていて、早くもワカサギ狂いに突入しそうな雰囲気になってまいりました。芦ノ湖まで行けば少しは涼しそうだし、ワカサギが釣れるのであればこのシーズンだからこそ良いのかも。避暑&釣りってか。悩ましいなぁ。

今週末が横須賀ネイビーフレンドシップデー&開国祭花火大会、来週末からはお盆休みで帰省、再来週後半が空いておるのでそこで一度、東京湾か芦ノ湖か、いずれかに行くとしようか。...連休渋滞のことを考えると箱根よりも東京湾が圧倒的に楽そうですがな。

以上なつやすみ2008第一弾、おしまい。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://addressclub.net/cgi-bin/mt/mt-tb-ADC.cgi/170

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


アスキーアートを貼る場合は、
AAの直前に<span class="aa">、AAの直後に</span>を追加するといい感じになるかもです。
投稿ボタンを押してから、投稿完了までに少し時間がかかります。

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About

2008年7月31日 23:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ぼくのなつやすみ2008第一弾(4):人は言う、それはただの五目釣りであると。」です。

次の投稿は「家でやろう。むしろ家から出るな。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。