« ぼくのなつやすみ2008第二弾(1):横須賀で祭だ!変態侍集合! | メイン | ぼくのなつやすみ2008第二弾(3):スイーツよりも腐の方がまだ割りと仲良し »

ぼくのなつやすみ2008第二弾(2):楽しかったよ。ただちょっとだけ、悲しくなっただけ。

米海軍横須賀基地・三笠ゲート前で記念撮影を行い、正面から道路のほぼ真ん中を歩き手荷物検査のゲートへ向かう静岡の王様&陵辱王と小生。いっやー、今日は日差しがキツくて暑いッスな!ベースに入ったらまずビールだよ!とテンションを上げながら歩いておりましたらば、警備を手伝っている自衛官らしき男が小生らの前に立ちはだかり、「身分証を見せてもらえますか」などと言い出す。他に沢山の人がいるのに小生ら三人だけホワイ?家族連れでもなく彼女連れでもなく見るからにクサそうなオッサン三人はそれだけで怪しいっつーのかクソったれ。三人とも大人しく免許証を見せることで何事も無く通されたのですが、今思えばカタコトの日本語で「ミブンショー、ナィ。パスポート?モテナィ」とか言ったらどうなるか試せば良かったかもなぁ。

横須賀ベース内基地にキティガイがキチー・イン。ひゃっはー、ここから先はアメリカ合衆国だー。静岡組は生で見る屈強そうな黒人兵に早くも大興奮。まずはベース特製生ビールで乾杯です。巨大肉とか食いたいけれど、さっきのカレーでまだ全然満腹なんだよね。まっすぐバース方面に向かい今年はしっかり艦船見学をしましょうぞ。滋賀の巨匠から得た事前情報では、イラク戦争開戦時に一発目のトマホークを打ち込んだミサイル巡洋艦カウペンスが一般公開されるそうであります。ミサイルの発射口とか見て見たいにゃぁ、とワクサクしながらビールを片手に炎天下の中をてくてく歩いて行きますと。何隻かの艦船が見えてきました。が、カウペンスの近くまではどうやら歩いては行けない模様。ホワイ?

ミサイル巡洋艦カウペンスカウペンスを近くで見たければ、米軍が用意する小さなボートに乗って見学ツアーに参加する必要がある模様なのですが、既にそのツアーの整理券は満員御礼受付終了、とのことでしてガッカリ。やっぱりどうしても米海軍の艦船を間近で見たければ朝早くから気合いを入れて来ないとダメなのでしょうか。まぁ巨大な空母とかが公開されている訳では無かったので、あまり期待を大きく裏切られた感も無いのですが。

公開ゾーンの真ん中にあたるフードコート付近にて、今夜の花火を見る場所を確保するべくシートの設置に向かいます。ちょうど、海に面した通路を挟み芝生の一番前にまだ空いている場所がありましたのでそこに持参したビニールシートを広げて確保。周囲の木陰になっているところには人がそこそこいるのですが、小生らが確保した場所はまだ炎天直下でございまして、こんなところに座っていたらたちまち死んでしまいますので避難します。

横須賀海軍野球場公開ゾーンの一番奥となる所まで行って、屈強ソフトボール大会でも見ようかと野球場へ行ってみたらちょうど前の試合が終わったところで次の試合までにかなり時間が空いているような雰囲気。去年の基地内対抗戦とは違っていて今年は日本人チームも参加してかなり本気度が増しているらしく、終わった試合のスコアも「5-0」とハデさには欠けるようであります。去年の決勝戦なんて「27-20」とかアメフトみたいな事になっていて黒人マッチョがパッカンパッカンとホームランを打つのが面白かったのになぁ。

他にも日米対抗アメリカンフットボールなども開催されておったようですが、結局全く観戦することができませんでした。この辺は次回への反省点ですな。屈強な米兵に80メートルくらい弾き飛ばされる日本人とか見てみたかったなぁ。

クレイジーカーショーなどを見て周っているうちに、いよいよ暑さで頭がおかしくなる感覚がやって来たので日陰に入ってビールを飲もう、という事になりビールを探して戻る方向へ歩きます。ようやく缶ビールを見つけたのが、先ほど花火を見るために確保した場所の近くでして、ビニールシートの方を見てみると日が傾いて少し木陰ができ始めておりました。海から吹く風は冷たくて気持ちいいので丁度良さそうな感じです。せっかく確保した場所ですし、シートに座って飲みましょうや→ビールの補充とトイレに行く以外シートから一歩も動かなくなる。やたらエロい格好をした様々な国のオネーチャンがうようよしておりますので目の保養にもかなり良い場所ですな。ビールが美味いし極上リゾートにでも来た様な気分ですぞ。王様なんぞは豪快にイビキを挙げながら気持ち良さそうに昼寝に突入してるし。

...とはいえ帰りに備えて小生は15時にビールストップ。混み合う電車で往復するのも嫌だし、悩ましいところですな。解決のヒントはバスツアーだろうか。

17時頃になると周囲は完全に木陰に包まれて、本格的に涼しく気持ちの良い風が通り抜けるようになって来ました。花火の時間まであと2時間半、周囲の人もだんだん増えてきました。...となって来ると、こういう場所には付き物の、不愉快な連中もだんだんと増えて参ります。気持ち良いハズなのに心がザワ付く出来事の連続。

花火が見えそうな芝生一帯は既にビニールシートでほぼ覆われて、新しく場所を確保するのは困難な状況です。芝生と海の間には、2メートルほどの、コンクリートブロックで敷き詰められた歩道があります。まずその歩道の海側半分をだんだんと、何故その場所が今の今まで空いていたのかを考えることが出来ない、頭の緩そうな連中がビニールシートで埋め始めます。自分たちに用意された特等席くらいに思っているキチガイ揃いです。キチガイです。こんなのは最近話題のピック病とか云うのと同じ頭の病気なのだと思います。当然通路ですので大勢の人が行き交う場所です。トラブルになる可能性は急上昇します。中には子どもが「ここはダメだよー」と渋っているにも関わらず「いいのいいの」と言いながらビニールシートを広げだすクソ馬鹿親までおります。親の顔が見てみたい、とはまさにこの事。どんな教育を受ければこのような、見ているこっちが恥ずかしくなる程の厚顔無恥な人モドキが産まれるのか小生らにはまるで理解ができません。この手合いを見るたびに、小生はいつも「これは日本人じゃないから仕方が無いんですよ」と自分に言い聞かせるのですが、あまりも酷すぎます。

花火開始30分前ともなればカオスの度合いも一層増します。残っていた通路の半分も自分たちの席にしてしまおうという、もはや家畜未満と断言しても良さそうな頭脳の持ち主が炙り出されたように集まり始め、ところどころでトラブルになり出します。小生らの目の前には「ここ、あいてるー!」とまるで自分たちに言い聞かせるように叫びながらシートを広げだす小汚いガキどもがやって来ました。陵辱王が思わず「御大、ヤっていいッスか?」とスイッチが入る寸前になっておりますが、ガキの一人が携帯で親を呼んでいるようなので、親が来たらお引取り願いましょう、ということでどうにかその場は抑えるよう心の中の悪魔と戦います。小生だってこの連中を今すぐ海に放り込んでやりたい。

ややあって、現れた母親というのがどう見てもブラジル人でして、

Σ( ;゚Д゚) ゚д゚)´゚ж゚):;*. 予想GUYデス

ガキどもは母親に向かって日本語で話をしておりますが、母親はポルトガル語らしい言葉しか発しません。会話が成り立っているのか、とかどういう家族構成なのか、とかいろんな疑問が渦巻いて頭の中がハデに混乱しておったのですが、ここは冷静に、そのお母さんに注意を促してみることにします。...割とすんなり理解はされたようで、ポルトガル語でガキどもに撤収の命令を下していただけまして、とりあえずは一件落着。...と思ったんですがね。いざ花火が始まって人の流れが止まるともう、何にも関係無い感じ。結局ガキどもを追っ払ったスペースには小さな子どもを連れた若い母ちゃんが腰を下ろし、そこに悠然と父ちゃんが現れて「いい場所だねー」などとホザきながらどっかりと座りでっかい頭で水面の花火が見えないように隠してくださりましてね。チネ。汚物は消毒だ。

とまぁ、花火はとても良かった、本当に素晴らしかったのですが、一寸心に棘が刺さったままのような、そんな時間を過ごした訳でした。これを解決するのはやっぱり金かね。来年は花火だけ、猿島から見るように手配するとかしなきゃならんかもね。嫌なものに巻き込まれて折角の気分が台無しにされるよりも、嫌なものから離れられることが担保されるならば喜んで対価を支払おう。そもそも論で行けば、素晴らしい花火を間近でタダで気持ちよく見たい、なんて考えの方がオカシイんですな。今更ですがいい勉強になりました。

あとで調べてみると、散々食い散らかしたゴミを放置して帰る猿とか、毎年のようにマナーについては論議が絶えないらしいですね。ただただ、お恥ずかしい事ですわい。

混み合う横須賀市を脱出したのは21時半ごろ。ところでここまで一切の連絡が取れず、完全に寝込んでいると思われていた滋賀の巨匠ですが、やっと電話が掛かって参りました。先ほどまで三人で、「やっぱり巨匠はかなり疲れてたんだなぁ、いくら超人的とは言っても、巨匠も人の子だったって事だね。むしろ安心した」などと言っておったのですが...事情は全然違っておりました。この件についてはまた後ほど。

帰りの道は環八の一部で渋滞があった以外は比較的順調で、酒類と夕飯の買い物を経て練馬の小生宅には23時頃に到着。そこから2時過ぎまで、途中順番に風呂に入って強制的に目を覚ましたりしながら、半分は本日の嘆かわしい出来事を、半分はいつものエロい事を肴にしながら飲んでいたのでありました。最後に陵辱王が買って来てくれた、また珍しい焼酎をいただき、ウコンの力を飲んでフィニッシュ。三人全員が割と朝早くから動き、しっかり日焼けするほど日光を浴び、散々に疲れているにも関わらず、珍しく全員揃って就寝。

つづく

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://addressclub.net/cgi-bin/mt/mt-tb-ADC.cgi/173

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


アスキーアートを貼る場合は、
AAの直前に<span class="aa">、AAの直後に</span>を追加するといい感じになるかもです。
投稿ボタンを押してから、投稿完了までに少し時間がかかります。

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About

2008年8月 4日 22:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ぼくのなつやすみ2008第二弾(1):横須賀で祭だ!変態侍集合!」です。

次の投稿は「ぼくのなつやすみ2008第二弾(3):スイーツよりも腐の方がまだ割りと仲良し」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。