« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月 アーカイブ

行って良かった大阪2009春の陣

大阪へ行って無事帰って来ました。いやー、飲んだ飲んだ。予想以上に有意義で、とても為になるツアーとなりまして、会ってくださった皆様に感謝感謝であります。詳細はまた、追って。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【大阪ご無沙汰2009その1】原点回帰

うー、流石に胃が荒れたかも。唇がボロボロになっておりますぞ。

さて、2月28日~3月1日にかけて行って参りました「大阪ご無沙汰な人巡りツアー2009」につきまして、ザックリとご報告致します。

話は出発3日前に遡って、とある締め切りに追われて一人黙々と仕事をしていた時のこと。なんだか急に、「喉が痛いかも」と異変を感じつつも終電ギリギリのところで締め切りはクリアし、安心して帰ったら次の日から本格的に風邪発動。夕方からは発熱に至り遂には出発前日に仕事を休むという暴挙に出てしまった小生であります。解りやすく言えば、無理して仕事をして大阪行きをフイにするか、または大阪行きを大事にして仕事をうっちゃるか、その選択で迷わず後者を選んだということです。

当日は朝7時半頃に家を出て、羽田9時半発の大阪伊丹行きに搭乗。何事も無く予定通り10時40分には伊丹に到着であります。ここからまずバスに乗って神戸三宮へと向かいます。今回は明石に住む、クレイジー師匠とまず対面のお約束なのです。

三宮駅大阪国際空港伊丹から神戸三宮までは所要時間約40分。大阪市内の主要ターミナルに行くにも概ね30分程度掛かるので、神戸市も相当に近くて便利だってことが解るってモンです。何で神戸空港なんざ作ったのかまるで理解できませんな。

三宮駅にて正午、クレイジー師匠と無事合流。もう10年以上ぶりか?ってくらい久しぶり。小生が大学を出て最初に就職した広告代理店で当時制作をしていたのがクレイジー師匠であり、何も知らない小生に、Macの事とかちょうど当時日本に上陸しだしたインターネットの事を手取り足取り教えてくださった、小生にとって数え切れないキッカケを産んでくださった恩師なのです。

その後クレイジー師匠は独立するべく退職し、小生は在籍丸一年で件の広告代理店に見切りを付けて買ったばかりのMacを相手に約三ヶ月の引き篭もり修行生活へと突入するのでした。あれは精神と時の部屋並みに、恐ろしい勢いでいろんな事を身に付けた大きな大きな転換点だったなぁ。

時が過ぎ、小生が現在の会社に入って、ときどきクレイジー師匠にお仕事を依頼するようなこともあったのですが、それほど頻繁に会うわけでも無く気がつけば小生が東京へ転勤となり、やがて年に一度の年賀状のみのご挨拶となって...今回まず真っ先に日程の相談をさせていただいた次第。

もともと若白髪の多かったクレイジー師匠ですが、「去年は地獄を見た」という言葉通り白髪率が大幅に増えていてまずビックリ。それでも荒む事が無いように、例えば仕事が少ない時は毎日自転車で60km程走って肉体と精神の鍛錬をしているそうで、不健康不健全なオーラを全く纏っていないところは流石。

ステーキランド神戸で神戸牛小生が広告を受注して来て、クレイジー師匠が広告を制作した事もある、思い出の店「ステーキランド神戸」にて、神戸牛のステーキをいただきました(結局、クレイジー師匠にご馳走になってしまって申し訳ない)。若かったあの頃、広告の打ち合わせで来ることはあっても客として行ったこともなければ実際に食事をした事も無かったのですが...美味いです、とても美味いのです。あれからもう13~14年ほど経ちますが、変わらず客足の途絶えない、人気店であり続けてくれているのも、嬉しかったのです。

一方で、かつて共に働いた先輩たちが今どこで何をしているのか、風の便りに聞くような噂をいろいろと教えていただきましたが、まぁ酷い。会社としては残っているものの、中で働く人の大半が入れ替わってある人は完全に行方不明状態となっておったり、ある人はオカシな方向に行ってしまっておったり、リアルなにわ金融道債務者状態になっているような人もいたり...あんまり良い話が無いのは至極残念。早々に辞めていて正解だった、ってのは間違いなく言えるのですが、ちょっぴり寂しいですな。

クレイジー師匠自身は、昨年味わったという地獄からようやく這い上がり、どうにか何とかなっている、ということなのですが、遠くない将来、また一緒に仕事しましょうぜ、ってことで今後何をして行けば良いのかなど、かなりじっくりと話すことができて良かったです。

3時間強、お話に付き合っていただいたクレイジー師匠とは三宮駅にてお別れ。なんでも、この日も片道25kmほどある中自転車で来られたのだそうで、間違って酒を勧めなくて本当に良かったな、と。まぁホント、真面目に仕事の輪を繋ぎましょうぞ。

*****

阪神電車に乗って、次の目的地は大阪難波でございます。梅田まで行って、そこから地下鉄に乗り換えねばならないのですが、3月20日には阪神電車が神戸から直接難波へ繋がるのだそうです。いつの間にそんなの掘っていたのか、京阪電車も中ノ島線とかってのが開通しているらしいし、ちょっと離れているとあっという間に変わってビックリの連続ですな。

難波の「大阪帝国ホテル」では、滋賀の巨匠と待ち合わせをしているのですが、その巨匠が少し遅れそうだと連絡して来たので、ちょっと風邪の具合が悪くなって来たっぽい小生、先にチェックインして少しでも寝る事にします。つっても30分も寝れるかどうかですが。...少し迷ってたどり着いた大阪帝国ホテル、予想以上に凄い立地・凄い建物でございますね。このホテルのご紹介はまた別途。

つづく

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【大阪ご無沙汰2009その2】愛しの船場カリーと変わり果てた日本橋

ホテルの室内で少し眠ったかどうか、ってところで滋賀の巨匠から到着の連絡があって復活。ふむ、かなり体調は回復したような。思っていたより早かった巨匠の到着でしたが「急いで米原から新幹線に乗って、新大阪からはタクシーで来た。ちゃんと『大阪帝国ホテル』って言ったのに桜ノ宮のホンモノのインペリアルホテルに連れて行かれかけるし、タイガイやったで!横浜行けるくらい金掛かったがな」と、結構無茶をされた模様。

早速ケーイチ師匠&はらぐさんらと待ち合わせている、なんばロケット広場跡地へと向かいます。しょっちゅう歩いていたはずの難波の地下街で、どっちに向かったら良いのかが判らなくなっていたりしながらも、どうにか問題の待ち合わせ場所に到着。...多分、ここに初めて来たのであれば何の違和感も無いだろうし、なぜここが待ち合わせ場所になるのかがむしろ疑問に思えるかも知れません。...が、アレに慣れ親しんだ者には、忽然と消えたロケットにとてつもない喪失感と違和感が容赦なく襲い掛かります。あー、本当に飛んで行っちゃったんだなぁ...という気分になれるから不思議。

先に到着していたケーイチ師匠&はらぐさんとも合流して、まずは念願の船場カリーを喰らいに行くのです。

「えーっと、牛すじネギカリーにトンカツと温泉玉子乗せで。あと生ビールちょうだい」
「もうやめてーっ!それだけで成人一日の必要摂取カロリーオーバーよーっ!!」
「今日の客単価チャンピオンは俺だぁーっ!」

船場カリーの牛スジネギカリートンカツ温泉玉子乗せ
船場カリーの牛すじネギカリー+トンカツ+温泉玉子

1年2ヶ月ぶりの味でしょうか。ちょっと辛さがマイルドになったような気がしますが、相変わらずうんめぇッスな。あまりにも名残惜しいので、牛スジカリーレトルト5個パックを買って帰ることにします。1パック400円という値段は、小生のような遠方の中毒患者を狙った悪質な価格設定だと思うのです。大量生産して全国のスーパーで、せめてこの半額で売ることが船場カリーの大成長に繋がると強く信じております。

外が暗くなった夕方18時。キャバクラへ行く前に牛丼で腹を満たすセコいオッサンの如く腹が一杯になってしまったので、飲みに行く前に腹ごなしに歩くことにします。日本橋の商店街が近いので、「もう変わり果てたよ」というケーイチ師匠の言葉を確かめることにしましょう。

...ヤマダ電器がトドメを刺しちゃってますね。ニノミヤも中川もナニワもジョーシンも、ほぼ全滅と言って差し支え無いですね。代わって表通りに陣取る大半は射精産業ですか。至る所に半裸の等身大ポップが立っておったりして、とても子どもを連れて通れる場所ではありませんな。ミスタードーナツの入り口に立ってたフツーのアイドルらしきポップまでエロにしか見えません。もうダメだ。そんな中に、建て替えるにも他に建てるモノが無いのかマンションがニョキニョキと生えておりましてかなりカオス。ここまで街がエロ化する以前に住みはじめた人はさぞ怒ってるだろうなぁ。今から入居する人なんて失礼だけどまぁマトモなワケが無いし、もうダメだ。日本橋は終わった。秋葉原もまぁ酷いっちゃ酷いけど、流石にココまで酷くは無いわ。

下半身墓地と化した日本橋をとても寂しい気分で後にして、呑み直す事にします。千日前方面に出て、適当に座れる店...が全然見つかりませんよ?入る店入る店、とことん満席。世の中が不景気というのは本当ですか?「もうみんなヤケ酒呑まんとやっとれんのや」というケーイチ師匠の分析が、最も正解に近い気もしますが。

流れ流れて、賑やかな戎橋筋~御堂筋も越え人通りが少なくなった、とある古めかしいお店でようやく席を確保。2階の座敷に案内されると、窓からは道頓堀川が見えてアラ、いいですね。景気の良かりし頃であれば、広告マンがここで朝まで飲んで軽く寝た後、近くのサウナでひとっ風呂浴びてそのまま出社した、なんて武勇伝が数多くありそうな、昭和の雰囲気がなんとも心地良い素敵なお店です。

呑み始めたのは、多分20時半頃。そこから予想外に長く呑み続ける事になったのと、あまりにもネタ成分が高いので

つづく

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【大阪ご無沙汰2009その3】絶対に訴えてやる!

毎年年末にどこかしらで集まって開催されてきた、変態侍忘年会が去年は執行できなかったわけでして、このメンバーで飲むというのも軽く久しぶりなわけです。飽きるということがまるで無い集まりなので、もっと頻繁にやりたい気持ちはヤマヤマなのですが、距離の壁というのはイカンともし難いものですな。ま、今月末にも高速道路の料金が激安になるって話ですし、この機会に乗じてせいぜい定例会を企画執行して行きたいと思う次第であります。

さて、道頓堀川の川沿いにある古風な居酒屋にて20時半頃ようやく酒にありつけた我々。最初のうちはそれぞれの近況だったり、実にフツーのオッサンの会話からスタートしておったのですが、やがてアルコールが回って来ますといつものネタ祭に突入します。

まず最初のお題は、滋賀の巨匠が取り出したiPodTouchから。

「これのアプリで、タッチすると放屁音が出るヤツ知ってる?」
「なんかこの前ニュースになってたなぁ」
「商標争いの話だっけ?」
iPhoneのアプリって人気が出るとエラい儲かるらしいからな」
「アレなぁ、ワイ思ったんやけど、アイツらが争ってる所にワイらも乗り込んでやったら良かったんちゃうか?って」
「...俺らとどう関係が?」
「センセ、忘れたんかい!クリックする⇒ブリブリ音が出る、これはウチらが10年も前から温め続けてたネタやんか!」
「あ、BBB(ブリ・ブリ・ボタン)!」
「アイデアはワイらが先なんやから、この際ブリブリ音の出るアプリを作って売ってもイケるやろ」
「音だけじゃなくてもうリアルな動画も付けようぜ」
「流石にAppStoreに全力で却下されるだろ」
「着ボイスにして友達の携帯の着信音をコッソリブリブリにするイタズラとか流行らせたいなぁ」
「最近日本の携帯もウィジェットが搭載されだしてきたしね」
「センセ、やろ!WWBBP(ワールド・ワイド・ブリ・ブリ・プロジェクト)!」

というわけで、ヒマができたら他に放置している開発共々やってみることになりました。リアルな音源の収集にご協力をお願い致します。

つぎのネタは、これまた酷い上に長いので

つづく

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【大阪ご無沙汰2009その4】映画化未定

チキッ、チキッ...ピーッ

「おっと、イカンイカン、もうHDDがいっぱいやで。すぐに太●誘電のDVD-ROMに焼いて空きスペースを作らんと」

ブィン、ブィン、ビュィーン...

「ふぅ、そろそろこのHDDも5万1825時間稼動しているし、早めに交換せんとな。クラッシュなんかした日にゃマスターに大目玉喰らうで。どっかに128TBくらいのHDD新品で落ちてへんかのぅ」

チャチャチャチャンカチャンチャチャンチャチャンチャチャンチャチャーン

「お、焼けた焼けた。これのラベル面に油性マジックで『世界名作劇場 第690721巻』...っと。ふふん、マスターの筆跡そっくり。ワイは天才やな」

 

22世紀の地球。人がいなくなった地球でただ一つ動いているらしいものの姿があった。彼は700年間、何があっても、仲間たちが次々と壊れて動かなくなっても、ただ黙々と

エロ動画を集めていた

「もうブランクDVDの残りが少ないなぁ。もう大須の電気屋街跡はほぼ漁り尽くしたし、面倒くさいけど大阪日本橋辺りに探しに行かなアカンかなぁ...とほほ」

彼はマスターから与えられた命令、即ち『如何なる障害も排除して、エロ動画を掻き集める』ことをただひたすら守り続け、ついにはこの星で生き残るために様々な力を身に付けた。まずは発電から始まり、自分でパーツの交換もできるようになり、ついには自走が可能になるまで自らを改造しつづけてきた。

「それにしてもマスター、もう22,453,635,421秒もワイを弄ってくれてへんけど、どないしたんやろ。もしかしてワイが選んで集めてる動画が好みに合わんで怒ってるんとちゃうやろかあわわあわわ...」

原作:ケーイチ(鬼才)ドクター、監督:コッキー(マジシャン)スタントンが贈る感動の冒険物語。

「...-、ピピー、ピィー...マ...スター......」

全2ちゃんねらーが泣いた感動作「WALL-E-RO」、この夏公開!どこでっ!? 我が家から歩いて3分のところに東映アニメスタジオや東映撮影所はありますがまず相手にしてもらえませんぞ!?

*****

ケーイチ師匠の実話を元にして、こんな映画ネタをブレスト風にやって大盛り上がり。あと、東京拘置所を舞台にした安倍けん二原作の熱血野球ドラマ『フィールド・オブ・プリズン』などもありましたな。「4番、ピッチャー、尊s

おおっとそこまでだ!

呑みながらのネタ話はもうキリがないのでこんな所で。終電ではらぐさんが帰るはずだったのが、何故か1時を過ぎても全員絶好調に呑み続けておりますよ?

つづく

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【大阪ご無沙汰2009その5】奇跡の村

そもそも、お店が何時までの営業なのかすら気にもしていなかったのですが、ただ今の時刻は深夜の1時でございます。終電で帰る、と言って先ほどまで携帯の時計を気にしていたはらぐさんが、気が付けば時計を見なくなって「赤とんぼ(焼酎)ロック、お代わり!」を連発しだしたのが、異変の始まり。

「終電?もうないよ。ヘヘヘ」

よほど楽しかったのか、それとも途中で抜けるのが怖かったのか...いずれにせよ、彼がこの後どうなるのか、小生らはよく知っています。とりあえず意識があるうちに、嫁さんにメールしておいた方が良いんじゃないか?常識的に考えて...。

一方、聞く所によるとケーイチ師匠は昨夜も以前の会社の元同僚様たちと朝まで呑んでおったらしく、母上様が軽くおキレになられていたそうで、こっちも心配なんだけどなぁ...と思っておりましたら。ケーイチ師匠の携帯に、その母上様からお電話が。

「アンタ!今日はどこでほっつき歩いてんの!」
「ぶへへへー楽しく飲んで盛り上がってるよーん。あ、穂谷屋君がいるよ穂谷屋君」
「ま!代わりなさい!」

ケーイチ師匠のお母様には、小生が東大阪に住んでいた頃、家同士がご近所だったこともあって、それはそれは、いろいろと良くしてくださったものです。小生にとっては「東大阪の母」ですな。なんだか滅茶苦茶悪いことをしているような気がしたのか、ひたすらお母様に謝り倒し、「すすすすすみません!夜明けまでには絶対に帰しますので!」などと根拠の無い約束をしてしまったり。

午前2時。はらぐさんは深い深いヨガの眠りに突入しました。さっきから何度か、彼の携帯には嫁様からであろうメールがブリブリと入っているのですが、その度に起こして読ませてもまるで反応がありません。ただのしかばねのようだ。これでは嫁様ババ怒りだろ、体験談的に考えて。

お開きにしたほうが良いかなぁ、という空気を全力無視してケーイチ師匠が店員を呼ぶボタンを連打。「ビールお代わり!」小生と巨匠は「んじゃ最後の一杯やで!」とウーロンハイで付き合う。これを4セットほど繰り返す。ウーロンハイに飽きたのか冷酒にも手を出す。

「帰りたくないんか?」「帰りたく、ないっ!!」「道頓堀川を泳いで帰れー!」どうやら師匠は朝まで呑む気満々だ。酔っていて正常な判断ができなかったんでしょう。今思えばおかしな事をしてしまったと悔やまれるのですが、「もはや一刻も早く、まずはらぐさんを家に帰さないと嫁様に『あの子たちと遊んじゃダメ!』って言われちゃううう!」「ケーイチ師匠のお母様がお怒りだあああ!」という焦りが、突然の、次の行動へと駆り立てたんだと思います。7時間近く呑み続けた店をようやく、しかし何故か突然出て、はらぐさんをタクシーにネジ込み不思議な安心感に包まれたのが午前3時半頃だったか。

「ケーイチ師匠が始発で帰るのならば、もう一軒行こうか」

夕方に、ホテルを探しながら軽く迷ったときに見かけた店が、偶然目の前に現れました。そこは道路に面したお店で、路面ではたこ焼きが絶えず大量生産されています。持ち帰ることもできるし、中で飲食できるスペースもあるオンボロ屋台村風。中のテーブルに座り、焼きそば・たこ焼き・牛スジ土手焼きなどなど、大阪名物を喰らいながら更にビールを摂取しまくります。不思議なのが、失礼な言い方だけれどもこんなあばら家で、朝の4時になろうかという時間にも関わらず店内がずっと満席だったこと。全員、我々と同じく酔っぱらいだったとは思うのですが、呑んだ後にたこ焼きとか、大阪以外あり得ない光景ですな。冷静に考えると貴重な体験だったかも。

もうダメだ。この辺の記憶がほぼ、無い。いつもに比べたら小生すんごく頑張ったと思う。朝早くから動いて風邪を背負った割りにここまでよくぞ耐えた。おぼろげながら、滋賀の巨匠もかなり目が死んでたように記憶しております。コンビニに行って、2本目のウコンの力を注入したところで(確か)4時半頃、解散と相成りました。

ホテルの部屋に戻るなり、(多分)5秒で轟沈。滋賀の巨匠の薦めに従って難波の宿にして正解だったですな。ここまで無茶呑みしたのは実に久しぶりだなぁ~。でもなんつーか、昔は大阪でしょっちゅう、こんな呑み方を師匠らとやってたよな、へへ。懐かしいぜ。何より無茶苦茶面白かったです。その証拠に、笑いすぎで翌日は声がガラッガラになりましたとも。

つづく

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【大阪ご無沙汰2009その6】Thanks Bros!

「センセー、生きてるかー?」

朝の10時半、滋賀の巨匠の電話で起床。いやー、よく飲んだ。ウコンの力のおかげで二日酔いの気持ち悪さとか頭痛は無いけど、立ち上がると足元がフラフラしますな。軽くシャワーを浴びて、ホテルを出る準備をしていますと。

窓が開くようなので外の空気を入れようと開けてみたところ、向かいにある駐車場に一台の車がやってきまして、何やら駐車に手間取っている様子。ようやく駐車できたところで、運転席と助手席から二人の男が出て参りまして、二人ともダブルのスーツ&パンチパーマ...すでに只者ではありませんな。助手席から降りてきた男がどうやら運転していた男の「上司」であるらしく、いきなり大声で、どうやら駐車がヘタクソだったことに雷を落としているようです。「オレオマエ何べんも言うたやろがオマエ、ビビッとんのかオマエ」ひとしきり説教が終わって歩き始めたと思ったらまた「上司」が振り向いて、どうやら今度は違う件で説教を...これを3回ほど繰り返す。今からきっと、借金の取立てにでも向かうんだろうなぁ、きっとこうやって気合を入れているんだなぁ、実に大阪だナァ、一部始終を見ていた小生、こんなところで故郷を実感するこの不名誉。

男たちが戦場へ向かったのを見届けて、ふと視線を移すと...

ト...トルコ...だと?
ト...トルコ...だと?

~昨夜のケーイチ師匠の話~
「昔はこの辺、トルコだらけでなぁ~。今トルコ言うたら怒られるからすっかり無くなってしもたけど」

...怒られるから、「トルコ」の文字を消そうとしたんだけど途中で面倒くさくなって放置されているんでしょうか。この一帯は、まだまだ大人の遊園地なのかもしれません。

11時に滋賀の巨匠と共にチェックアウトして、アメリカ村経由で心斎橋から梅田へ向かうことにします。途中の衣料品店で、店員らしき黒人が小生に向かって「マイドー!」と手を振ってきます。「おはよう~」と返す小生。「今日買い物は?」「ないよー」などとやり取りしながら歩き続け、三角公園あたりに差し掛かったところで滋賀の巨匠が不思議そうに「なぁ、さっきの黒人と知り合いなん?」と聞いてきました。あー、そうか。そう見えるか。全然知らない人なんですけどね。

梅田で滋賀の巨匠と別れ、小生の次の予定は、現在の会社で大阪時代に一緒に働いたことのある先輩様との会合であります。

大阪名物串揚げ

昔はよく赤提灯で安い酒を飲んだ仲なので、まずは串カツ&おでんの立ち食い店へ。何もかもが懐かしい。土日となれば、たいていの客(オッサン率100%)が一人でやってきて、一杯飲んで気合を入れてWINSへ馬券を買いに旅立つ...というのがお約束的光景だったのですが、時代も変わったもんですな。1時間ほどの間に、若いおねーちゃんが一人で入ってきて、ビールやらホッピーを引っ掛けながらおでんを食って出て行く、というのを3人ほど見かけました。流行ってるんでしょうか。

キリンシティのブラウマイスター立ちっぱなしではなんなので、店を移動してヨドバシカメラの8Fにあるキリンシティでブラウマイスターをいただくことに。ここでじっくりと、最近の関西~東海圏の苦しい状況だとか、子育て残酷物語だとか、いろんな話を聞かせていただきまして、なぜワシら広告関連業界、特に制作職はいつの世も報われることが無いのかという議論を経て、結局は独立するしかない、独立連合を形成して組織に対抗せねばならん、という結論に。小生的には対抗するつもりもあんまり無いんだけれども、某R社が規範モデルとして君臨するこの業界、特にその影響を色濃く受ける我々のような会社の仕組みとして、シゴトができるんならYOU独立しなよ、という風潮はむしろ当然なわけでして。改めていろいろ考えさせられましたな。

夕方、先輩様とは新阪急ホテル前でお別れして、小生はバスで伊丹空港へ向かい、羽田行きの飛行機で帰路に就いたのでした。やぁ~、散々酔っ払った。一泊二日だったら、今回のスケジュールでちょうど一杯ですな。それぞれ有意義で、行って良かったと心底思います。またこういう機会はちょいちょい設けていきたいですな。お会いいただきました皆様、本当にありがとうございました!

以上、最後が駆け足になっちまいましたが、大阪ご無沙汰な人巡りツアー終了でございます。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【SH-04A】唯一、カメラが気に入らない

さて、しばらくSH-04Aを使ってみてどうにもカメラの画質が気に入らないので、古参機ではありますが先代愛機SH902iとも比較しながら、設定のベストポジションを探ってみたいと思います。

まず一番気になる点として小生が挙げたいのは、特に横位置での撮影時、横方向の動きに対して歪みが酷いところ。上手く言葉で表現するのが難しいので、まずはこの写真をご覧ください。

SH-04Aは特に横位置での撮影時、左右の「動き」に弱い?
SH-04Aは特に横位置での撮影時、左右の「動き」に弱い?

写真の右側から走ってきた車が、何やら妙な形になっているのがお判りいただけますでしょうか。ちなみにほぼ同条件にてSH902iで撮影してみた画像はこちら。

SH902iでは素直な絵です
素直な絵です

ちなみに、SH-04Aでも縦位置での撮影時には、左右の動きに対する不自然な歪みは気になりません。上下の動きに対してどうなのかは、まだ検証が足りておりません。

SH-04Aでも縦位置での撮影では「歪み」が気になる事はあまりないです
SH-04Aでも縦位置での撮影では「歪み」が気になる事はあまりないです

SH-04Aをお持ちの方なら既にお感じになっていることかと思いますが、カメラ撮影モードで横位置に構え、軽く左右にパンしてみると、画面の中の映像がフワフワと、歪みながら遅れて描画されるのが実感できると思います。

この現象は5メガピクセルという画素数がネックになって画像処理エンジンが追いついていないのでは?と考えて、3メガピクセルモードに切り替えてみたのですが、結果はあまり改善されませんでした。

3メガピクセルモードにして横位置で撮影してみたけど...
3メガピクセルモードにして横位置で撮影してみたけど...

どうやらこの現象は、SH-04Aが根本的に持つウイークポイントと言えそうです。

次に気に入らないのは、AFモードがふとしたタイミングですぐに「標準(人物優先)」にされてしまう点。このモードで撮影すると、どういう訳かやたらと焦点範囲が狭くなるのが目に付きます。例えば、次の写真は先日大阪に行った際に船場カリーの入り口を撮ったものなのですが

中心にはピントが合ってますが周辺がボヤケ過ぎじゃないかな?
中心にはピントが合ってますが周辺がボヤケ過ぎじゃないかな?

感覚的に、この現象が「マシ」になる「センターAF」をいつも選び直すようにはしているのですが、例えば横位置⇔縦位置が自動で切り替わるだけでも「標準(人物優先)」に勝手に戻されるはイタダケません。

まだまだあります気に入らない点。白飛びしすぎ。レンズがやたら小さいから、仕方ないのかも知れませんがこれはガッカリすることが多いです。滅多に使うことはありませんが、最後に接写モードでの違いを比較するために撮ってみました。

SH-04A接写モードSH902i接写モード
左SH-04A、右SH902i
SH902iの方が綺麗じゃね...?

いろいろやってみて出た小生的な結論として、ギリギリ一番マシな設定は、3MピクセルSUPER FINEモード・センターAF・手ぶれ補正OFF、時と場合に応じてホワイトバランスと明るさ調整をマニュアルに...ってなところでしょうか。最終的には、別途デジカメを持つことがベストというミもフタも無いオチが待っているのですが。

SH902iが、今思えば比較的素直な画質だっただけに、残念で仕方が無いのであります。こういうのって、ファームウェアで改善できたりするんでしょうか?そこに期待するしか無いですなぁ。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

税金返してっ!!!2009

確定申告は独立に備えた訓練でもあるのですよ。株で負けた人のための確定申告完了。一昨年の損失(ピー)百万円も、取り返せるチャンスはいよいよ今年が最後ですな。とは言えこんなご時勢ですので市場に再入場したくてもデイトレスキャルピングマンにでもならない限り回収は難しそうで、結局は繰り越した損失が見殺しになってしまう可能性が大ですな。

ちなみに今年もオンラインで入力して、PDF出力⇒郵送のコースを選択したのですが、去年と比べると数段解りやすくなっていたような気がします。まだまだ不親切と言えば不親切ですが。

ついでに、JALカードをJALカードSuicaに切り替える申し込みも済ませました。嫁様のマイルも綺麗に使いきりましたので申し込んだばかりの家族プログラムも自動的に解約。行使したマイルの用途ですが、当初は讃岐うどんを食いに高松へ行くか、広島へ行って牡蠣を食うか、それとも福岡の屋台をハシゴするか...などなど考えておったのですが、どこもかしこも週末となると取れる便が土曜日の夕刻出発⇒日曜の午前中帰路という選択しかできずに断念したのでした。唯一、青森便が土曜午前発⇒日曜夕方帰での予約が可能で一時的に、十和田湖でも行くかそれとも浅虫温泉にでも行くか...と考えたのですが、結局旅行は諦めてフードセレクションから国産黒毛和牛すき焼き肉を選択して、当面のマイル消失を回避したのであります。そんな訳で今週末はすき焼き祭。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

【非犯行声明】サーバーがクソ重いようですが私はやってない潔白だ

どうも、このページの表示がやったら重いことが多いみたいです。Googleウェブマスターツールの「ページのダウンロード時間」というグラフがバイーンと景気良く跳ね上がっておりまして、ロードにとっても時間が掛かっているのがここ数日であることを裏付けておりまして...今回は小生が犯人では無い!...と思いますよ?

とは言え小生には前科があるわけでして、声を大にして「何処の誰がタチの悪いスクリプトを走らせているんじゃい!ポアだよポア!」とはとても言えない訳でして。

予兆はありましてここ3日くらいcronで設定した自動のスクリプトがどうやら動いていなかったっぽいのです。気まぐれっぽく20回中1回くらいは動いていたようですが。困った、困った。

折りしも、StrikeCast!に指定した株価の情報なんかを取得してきて表示させるスクリプトの目処が立っていたのですが、このサーバーじゃ、とてもじゃないけど実装は無謀ですなぁ。株価データを取得してきてRSSを出力するスクリプトなんですが、軽量とは言え少なくとも一日に2万回くらいリクエストされる見込みでして、まぁ間違いなく悪夢再び、ですな。キャッシュできる類のデータでも無いし。

いよいよ上位プランにお引越しですかね...札束降ってこないかなぁ。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録
ページ/2ページ |次のページ最終ページ

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About 2009年3月

2009年3月にブログ「ADDRESS CLUB」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。