« AKASAKA MIDNIGHT | メイン | 【祝】やる夫ポーカー1周年に捧ぐ【Load to LasVegas】 »

練馬スターボウリング

練馬トーホーボールレーンに舞う華麗な蝶、カーブ・ファンタジスタに生まれ変わるべく前回から日を開けずにまたまたボウリングへ行って参りました。今回の戦場は家から7km程で比較的渋滞も無く、車なら15分で行ける練馬トーホーボールでございます。

ビルの6階にあるこのボウリング場の存在は、結構前から知ってはいたのですが、下のフロアがDQNホイホイの称号で有名なドン・キホーテでありまして、どちらかと言うと避けていた場所なのです。が、この他となると一気に片道1時間超コースになってしまうので、一度は試してみるつもりで飛び込んでみた次第であります。

ボウリングなんてきょーび流行んねーんだよ!ってことでしょうか。前回と同様、土曜の午後でもレーンは空きまくっております。ポツポツと球を投げている客層は案の定、DQN率高めではございましたが...。

今回の目的は、楽しくボウリングをすることでは無く、如何に美しくアークを描く球を投げるか、ただその一点。通常のボール以外に、かつては誰かがマイボールとして使っていたお下がりなのでしょうか、ハウスボールとは見た目から明らかに違う「よく曲がるボール」というコーナーがあります。指を入れる穴にゴム製のグリップ加工が施されており、短時間でメガ・カーブを習得するには良さそうであります。ちょっと、指がキツいけれど他に合うものも無かったので一球お借りして、いざ実践。

「親指抜いて二本の指だけで投げればアホでも曲がるわ」

前回知人から得た、この新たなヒント。しかししかし、実際に親指を最初から抜いて投げるとなると、コレちょっと無理ですよ?どーしたら、いーのか、なー。いやいや、しかしここで普通に親指を入れて投げてたら何をしに来たのか解らない、ってもんですな。無理やり行ったれずぉりゃあああああ!

ゴギンッ!

ぎゃあああああああああ!

一投目、小生いきなり右手中指・薬指を負傷。二本の指だけで投げかかったは良いけれどもリリースを失敗して思いっきり床に打ちつけ、突き指っぽい怪我をしてしまったのです。アホか小生アホか。

しかしその後、通常のハウスボールに持ち替えて都合4ゲームを投げつつけ、「二本の指だけで投げる」事態は諦めたものの、親指を如何に早く抜くかを意識しつつ投げてみたら、進行方向を軸にした反時計回りの回転が出るようになってきました。今まで見たことが無い感覚で、ちょっと嬉しい。あんまり曲がらないけれど。これは指を治してもう一度、今度こそ完成を目指して特訓だな。

ゲームを終えた頃、他のレーンで大会が始まったので少し見学してみました。そこではやたらと曲がる球を投げる若い兄ちゃんが、大して曲がるわけでも無くスピードも無い球を投げるお婆ちゃん(平均スコア210)に大敗するという光景が繰り広げられておりまして、果たして小生が目指す道はこれで正しいのか、再考を迫られる1シーンでありました。

ちなみに今回のボウリング場は、練馬駐屯地が近いということもあるのでしょうが、各種割引料金の他に「自衛隊割引」というオモシロなサービスがございました。滋賀の巨匠はこの割引対象になるのでしょうか。

軍人割引
軍人割引

******

その後約2週間が過ぎておるのですが、指の痛みはまだまだ続いております。ピークは過ぎたものの、いろいろ不自由しています。治りが遅いなぁ、歳だなぁ。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://addressclub.net/cgi-bin/mt/mt-tb-ADC.cgi/337

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


アスキーアートを貼る場合は、
AAの直前に<span class="aa">、AAの直後に</span>を追加するといい感じになるかもです。
投稿ボタンを押してから、投稿完了までに少し時間がかかります。

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About

2009年4月29日 16:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「AKASAKA MIDNIGHT」です。

次の投稿は「【祝】やる夫ポーカー1周年に捧ぐ【Load to LasVegas】」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。