« You☆I Magic!! | メイン | Oh, satellite ☆ satellite !! »

遥かなる36,000km

新しいテレビには非常に満足しているのですが、現在通常の地上波デジタル放送しか見ることが出来ない点が、やや不満になってまいりました。よくよく考えてみれば、テレビを能動的に見る事が少なかった我が家ですので、撮り貯めた番組を週末一気観するのと、自動で録画してくれている直近のニュースを好きな時に見るのが今の主な使用方法となっています。

大阪に住んでいた頃は、BS放送も受信できていたのでBGMのようにNHK BS-1を流しっぱ生活しておりました。くだらなくて雑音の多いテレビ番組が氾濫する中で、NHK-BSだけは愛していたと言いますか、安心できるチャンネルだったような気がします。どーも君大好きです。

で、せっかくフルハイビジョンで見れるわけですから、BS-Hiを含めたNHK BSを今再び視聴したいと動いてみたワケです。...ここからが、長い道のりでして。

まず、現在のマンションにはJ:COMという会社が提供するケーブルテレビが入っておりまして、今視聴している地上波デジタルなんかは最初から無料で、接続するだけで見られるようになっております。が、BS/CSについては独自のチューナー用に変調されているらしく、アンテナ線をBS/CSの入力端子に直結しても、何も見ることができません。つまり分波器を使っても、何も変わらないってことですかそうですか。

じゃぁ、J:COMさんに「BSが...見たいです」と頼めば良さそうな話なのですが、ちょっと待った。ウチはNHK BSが見たいだけなんだけれども、そんなオーダーは通らない模様で、余計なCSチャンネルが沢山付けられて月々最低でも約4400円(NHK BS受信料は別)が必要だとか。いやいや、そりゃディスカバリーチャンネルとかヒストリーチャンネルとか、あとコッソリとエロチャンネルが見れるんならそれはそれで嬉しいんだけれども、その他大量に要らないチャンネルまで、まるで抱き合わせのようにしてこの価格ってどうなのよ。ちょっと酷くね?却下。そういや、ずいぶん昔に謎のケーブルテレビチューナーの話をはらぐさんに聞いたことがあったっけな...。

では、最近テレビCMをガンガンやっている「フレッツ・テレビ」ってのはどうか。現在インターネット回線で契約しているフレッツ光にプラス月682円払えば、とりあえずBSデジタルまでは視聴可能となりニーズは満たせる模様。電話じゃ、急いで電話じゃー!

「大変申し訳ございません。お客様の建物をお調べしましたところ、マンション内がVDSLでの配線となっておりまして、フレッツ・テレビ未対応となっております」...だって。マンションタイプの場合は比較的新しい、各戸光配線になってなきゃダメだそうな。「マンションタイプを解約して、一戸建て向けのファミリータイプに切り替えていただければご利用になれますが」...うむ、確かにそうすれば、今現在あまり満足していないネットの速度も格段に上がるだろうし、一石二鳥になるかもしれん。が、その為に月額約2000円のコストアップは認められんだろう、独身時代なら迷わずヤってたが。

どうやらベランダに、自前でBSデジタルアンテナを建てるのがベストっぽいですな。引っ越したら不要になるとか、そうしたリスクがちょっと嫌なんだけど。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://addressclub.net/cgi-bin/mt/mt-tb-ADC.cgi/353

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


アスキーアートを貼る場合は、
AAの直前に<span class="aa">、AAの直後に</span>を追加するといい感じになるかもです。
投稿ボタンを押してから、投稿完了までに少し時間がかかります。

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About

2009年7月 2日 18:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「You☆I Magic!!」です。

次の投稿は「Oh, satellite ☆ satellite !!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。