« 【淡路・徳島ツアー'09夏その4】老若男女大集合☆鳴門ナイト | メイン | こすけん無双、はじまるよーっ☆ »

【淡路・徳島ツアー'09夏その5】ヒトモドキの公共サービス利用に断固反対

「朝は何時に出発する?早い方がいいかね?」...と、前の晩に義母様が帰路に就く時間を相談して参りました。でもまぁ、ここでまた「じゃぁ深夜2時半頃に」とか言えるワケが無いじゃないですか。そんな時間に酔いが覚めているワケないし。んで、どうせ夜が明けてからの出発になるんだし、もうどのみち渋滞は覚悟の上で、しっかり寝て朝はゆっくりしましょう、ってことで8時半頃の出発となったわけです。未明にはすさまじい雷雨になったようですし、ちょうど良かった。

で、いざ高速に乗ってみると。意外や意外、神戸淡路鳴門道⇒山陽道⇒中国道⇒名神では渋滞が全く無くて、12時前には大津SAまで進むことができました。ここで、朝昼兼用の食事をゆっくり取って、13時に再び進軍。

小牧までも渋滞はナッシング。素晴らしいペースで中央道へと進みます。この調子なら18時頃には練馬に着けるかな?...と、この時は淡い期待も抱いておったのですが。

600km進んで、残り100kmになった辺り、大月付近で渋滞にハマります。これはまぁ、想定の範囲内。ナビの到着予想時刻がいつの間にか22時とかになってます。圏央道に分岐する八王子JCTまでの、たかだか30kmに4時間を要する計算です。うーん、同じように混んでるんだろうけれども、このペースだったら帰りは東名の方が良かったかも。

山の中をウニウニと走る中央道ですから、至る所に登坂車線があります。その先もずっとビッシリ渋滞になっていることは明らかなのに、少しでも前に行こうとしてギュンギュンと登坂車線を使い、登坂車線終了地点で割りこませろ!状態のサル車が続出したのは、帰宅直後に書いた通り。自分さえ良ければOKのDQN脳めが、今すぐギルティポイント満タンになって登坂車線だけ崩落して崖下に落ちてしまえ。二度と本線に戻って来るんじゃねーよ歩いて帰れゴミ虫が。あ、割り込もうとしたサルと、卑怯者なんか割り込ませるかヴォケ!と怒った人が接触。もうね、こんなしょーもないサルに当てられた方が可哀そうで可哀そうで。今すぐそのサルが蝙蝠の群れに襲われたらいいのにね。こんなことで過失割合が半々とかだったら理不尽過ぎると思うんだけど、どうなんだろ?なおこの渋滞で見た接触事故、6件。高速料金が安くなるのも、ちと考えものだ。

幸いにも圏央道⇒関越道では渋滞が無く、21時、無事帰宅。あの渋滞が無ければ、せめてあのイライラするサルどもがいなければ、もう少し疲れもマシなんだろうけれど、もうグッタリ。風呂⇒ビールで即就寝でございますよ。今回テスト的に通った、関越道=圏央道=中央道ルートに関しては、自宅からすぐに高速に乗れるという点は非常に魅力的なのですが、ほぼ2車線の山道が続いて80km制限区間が大半なので時間効率は悪め。東名と比べると、ストレスも高め。大渋滞確定時の上り線は、東名⇒環八ルートの方がマシかも。あとあんまり涼しくなかったかも。

そんな感じで、ただ時系列を追っただけっぽいツアー記、これにて終了。お疲れ様でした。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://addressclub.net/cgi-bin/mt/mt-tb-ADC.cgi/374

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


アスキーアートを貼る場合は、
AAの直前に<span class="aa">、AAの直後に</span>を追加するといい感じになるかもです。
投稿ボタンを押してから、投稿完了までに少し時間がかかります。

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About

2009年7月25日 23:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【淡路・徳島ツアー'09夏その4】老若男女大集合☆鳴門ナイト」です。

次の投稿は「こすけん無双、はじまるよーっ☆」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。