« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月 アーカイブ

【大人の社会見学】山手トンネルウォークに行ってきました

大橋ジャンクションから渋谷線へ

今月28日に開通する首都高中央環状線(C2)渋谷線~新宿線。これが開通すると、東名高速から渋谷経由で山手トンネルを通って池袋線に繋がる一本の新しい動脈となるわけです。小生的にもやや利用価値の高いルートとなり、大歓迎するところ。開通した暁には、職場が新たに横浜になってしまった嫁様を迎えに行くという口実でバーグでカレーを食い、そして帰りにこのルートを試してみたいところです。でも本音を言うなら、外環道の大泉~東名東京間を一日も早く繋いでくださいコッチの方が1万倍深刻です。

話が逸れましたが、今回開通する区間の目玉は何と言っても大橋ジャンクションです。地下を走る山手トンネルと、地上高架を走る3号渋谷線を繋ぐこのジャンクション。都心の狭い土地を使う独特の条件が、実にユニークなコイルループ状の形となって現れました。昨日は、この大橋ジャンクションの上から下まで歩いて見学できる最後のチャンスということで、行って参りました。

雨にもかかわらず朝から現地・池尻大橋駅からは次々と人が出てきて向かう先は皆一様に今回の「山手トンネルウォーク」の会場となる大橋ジャンクション。見学コースは円周部の内側に入り、工事車両の出入り口がスタートです。「コロッシアムみたいだなぁ」「猛牛とか出て来そう」「巨大な塀の中だよここは」皆、口々に驚嘆の声。狭いと言ってもでっかい。そして深い。

大橋ジャンクション内は2斜線で赤い方が都心方面、青い方が東名高速方面見学コースはまずジャンクションの中央付近からぐるぐると登って渋谷線との合流付近まで参ります。どうやら山手トンネル側から渋谷線に合流する内周り線である模様。二車線に分かれていて、舗装に赤のストライプが施されている方が都心環状方面、青のストライプが東名高速方面となっています。

実際に見るとしたらかなり危機的な状況の、高速トンネル内スプリンクラー大放水普段まじまじと見ることのできない設備とか、途中で展示されている首都高関係車両や消防・警察車両なども見つつ、今度は折り返してぐるぐると下って行きます。ほぼ一周、ぐるっと下りきると山手トンネルとの接合部となって、ここからは巨大なシールドマシンが掘りまくった円筒状のトンネルになります。残念ながら山手トンネルの本線を奥深くまでは見せてもらえませんでしたが、見学の終端部分でちょうどスプリンクラーの放水デモが行われて、まず見ることができない、見た時はかなりヤバイ光景を存分に堪能することができました。

いや~、良かったよ~。上り下りとキツめのバンクが足腰に来たけど。あと、正直言って事故が多く出そうな作りだと思ったけど。今度は車で走ってみるのが楽しみでございます。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

再犯とはいい度胸だ!許さんぞNETSTAR!!

今から1年と半年ほど前の話。当サイトは所謂フィルタリングサービスを提供している会社からエロサイトと認定されたことがあります。温厚な小生でも流石にこれにはキレまして、猛然と抗議をしましたところ、約1週間後に訂正され、胸を撫で下ろしたたのでした。

エロサイト枢軸国指定が解除されました
その当時の判定結果をキャプチャした画像がこちら

そんなこともすっかり忘れていたのですが、ふとしたキッカケで昨日再度チェックしてみたらですね

子どもの利用への配慮が不足、大人が対象...?
「子どもの利用への配慮が不足、大人が対象」ってなにさ

一度ならず二度までも、勝手にわけのわかんねぇ判定しやがって、このガラクタめ!

そもそもこの騒動のキッカケとなった記事を書いた、Gigazineはどういう判定になっているかな、と見てみますと

Gigazineはもちろん健全なサイトですよねっ!
娯楽一般...だと...?

オイ!エロいフィギュアとかコスプレとかが大好きで萌えーとか言ってるGigazine様が「娯楽一般」かよ、そうかよ。なんだかなー。一度Gigazine様に大々的に問題視される記事を書かれたから日和ってんじゃねーの?という疑念がモリモリ。

別にさー、お子様がウチを見れなくなっても誰も困らないし実害は無いんだけどさー、この意味不明な判定基準にはどうかと思うよ?そんなサービスが実際に利用されていると思うと、世の中実にいい加減な物だな、え?怒るでしかし。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

エスティマ(ACR30)発進時の異音問題、解消の予感!

先週の三連休初日の土曜日、近くて遠い西多摩郡瑞穂町、横田基地の近くにある巨大ホームセンター「ジョイフル本田 瑞穂店」に行ったのです。この日は朝から気温が高くて、車のオートエアコンも冷房がかなりパワフルに稼動しておりました。こうなってくると、渋滞のなか、発進する度にエンジンの下のほうから「ゴリゴリゴリゴリッ」「ガララララッ」という異音が聞こえて参ります。はい、何度か当日記でも書いておりますが小生が乗るエスティマ(ACR30)、もう長いことこの異音に悩まされております。

過去に遡れば、車検の度にこの異音についてディーラーに訴えるも原因が特定されず、先般のオキシジエンセンサー故障から発展した、無償のスロットルボデー交換で解消されるかと期待したもののアテが外れ、気になったまま放置せざるを得ない、実に気持ちの悪い状態が続いておったのです。

ところが先日、新しい情報として「エスティマなど8車種 発電機プーリの修理」というコッソリ発表をトヨタ様のWebで発見。これには

2AZエンジンにおいて、エアコンONでハンドル据え切り等のエンジン負荷が大きい状況で急発進等を繰り返し行うと、補機駆動用ベルトに過大な張力が加わり発電機のプーリの取付に弛みを生じることがあります。そのため、当該プーリにガタや異音が生じ、または、警告灯が点灯することがあります。

と記されていたのです。『当該プーリにガタや異音』、ここ、かなり怪しいです。で、早速車検の予約と同時にこの件をディーラーに伝えて一緒に交換してもらおう、と思っていたのですが車検当日には何故か部品が用意されていなくて、日を改めて交換しましょう、って事に。

発電機プーリ交換内容

そしてようやく交換を迎えたのが昨日。約3時間の作業で発電機プーリ周辺およびVベルトの交換が完了しました。結果的には先週末の異音発生を再確認しておいて良かった。今回の交換にて異音が解消された可能性はかなり高いです!

まだしばらく、特に夏場に走ってみないことには確定的なことは言えませんが、昨夜簡単に発進時の負荷テストをやってみました。冷房を全開にしてライトを全点灯、ハンドルをいっぱいに切ってブレーキを踏みながらアクセルを軽く踏み込む...以前なら間違いなくゴリゴリ金属音が鳴っていた状況ですが、すっかり解消されています。これは嬉しい。

というわけで、2AZエンジン系にお乗りの方で発進時に異音が気になる場合は是非こちらを一度チェックしてくださいませ。いやホント、今回は気持ちいいくらい、ゴン中山風に言うと何年も詰まってたウンコがようやく出てスッキリしたような、晴れ晴れしい気持ちになれましたよ。なに、そういうことを書くから子どもへの配慮が足りないとか言われる?

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

超高速でブレ続けると静止しているように見えるらしい

拾い物ですが

今日も鳩山先生は超高速振動

普天間基地移設問題に限らず、万事この調子ですよね、この人。はっきりと、敢えて言おう、カスであると!こんなオカシな人が首相やっているの、ホントに嫌なんですけど。

明日で今年度終了です。新年度は明るい話題が多いといいですね。

Googleブックマーク Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク livedoor clipでブックマーク del.icio.usでブックマーク POOKMARK Airlinesに行き先登録

アーカイブ

最近のトラックバック

携帯版

http://addressclub.net/mt4i/
Powered by MT4i

About 2010年3月

2010年3月にブログ「ADDRESS CLUB」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。