1.財前教授の総回診です[生存報告]
(2008-02-16 14:43:52)


昨日のバリウム検査を受けまして、「白い巨糞」というネタをやってみようかと考えたのですが写真を掲載してしまいますと何だか違うサイトになってしまう気がするのでどうにか思いとどまった次第。もうちょい酔っていたら危なかった!

代わりに、お手紙書きますね。

アメリカ様へ

この手紙をもって、僕の脱糞王としての最後の仕事とする。
まず、僕の心の病を晴らすために、福田総理にバリウム検査の根絶をお願いしたい。
以下に、海兵隊員による沖縄の事件についての愚見を述べる。
強姦事件の根絶を考える際、第一選択はあくまで去勢であるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、それだけはとてもとても困る。
日本の女性がホイホイと着いて行くのも悪いという意見と、そのような意見が実にケシカランという意見が対立しているが、残念ながら未だ満足のいく結論には至っていない。
政治レベルでの落としどころを要約すれば、「日本のビッチは簡単に着いて行っちゃう馬鹿なんですけれども、アメリカ兵はそれに餌を与えたり持ち帰ったりせず、無視してくださいね。日本人には教育しても無駄なんデブよ。」ということになる。
日米両政府に、日本人がとても馬鹿にされた論旨であるにも関わらず、多くの日本人は馬鹿にされている事にすら気がついていない。
これからの事件防止には、日本人の教育以外の手法の発展にかかっている。
僕は、君がその一翼を担える数少ない国家であると信じている。
能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
君には究極のオナニーの開発に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、パーとプーが起こすくだらない事件が、この世からなくなることを信じている。

ひいては、僕の排泄物を解剖の後、君の研究材料の一石として役立てて欲しい。
体液は生ける師なり。

なお、自らオナニストの第一線にある者が有給休暇を行使できず、土曜日に出社することを、心より恥じる。

脱糞五郎

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3