1.花見に命を賭ける男2008[生存報告]
(2008-03-30 21:50:14)


金曜日は渋谷のGoogle日本法人にお邪魔しました。想像通りとってもエレガントでエクセレントでエキサイティングなオフィスでございました。企業の文化ってどこから生まれるんだろうか、とかいろいろ考えさせられる、有意義な時間を過ごさせていただきましたことよ。

明けて土曜日は、今年もやります家の近くの公園で花見大会。

<画像:近所の公演の桜が満開>
今年も見事に咲いてくれました。ありがとう。

<画像:キリンの樽生ビアサーバー>気持ちいい青空の下で昼間っから飲むビールの味はまた格別でございますな。途中から近所に住むライターさんも加わって、さらにヒレ酒やらワインやらを飲み、はじめは不思議そうな目で遠巻きにこっちを見ていた子供たちとも仲良くなってテンション上げまくりつつひたすら飲んでおりました。

ライターさんは石神井公園のすぐ近くに住んでいるのですが、「あっちは週末は人が多すぎてダメだねー。ここは知らなかったけど穴場だわ、素晴らしい」と喜んでいただけました。


<画像:花見部屋>午後3時をまわって、ちょいと北風が寒くなってきたので場所を我が家に移してさらに飲み会を続行します。帰宅の途中で、野菜の無人販売をやっているところがあるのですが野菜と一緒に桜の切り枝が売られていたので「家で花見の続きをやろうぜ」ということで購入。リビングに飾ったらいい感じです。

主にヒレ酒とワインの醸造酒コンビを激しく飲みつつ熱く仕事の話をしたり、Wiiで戯れたり。暗くなる頃にライターさんはお帰りになりまして、小生と嫁様はそのまま轟沈。深夜に一度目が覚めたのですが己の息がとにかく酒臭いわ、頭が痛いわ大変なことに。でもまぁ、来年もまたやりたいですな。今年中にもう一回できればなお良いのですが、来週は来週で会社の花見やらいろいろあって、ちょいと難しいかも。

翌朝起きたら。以前からなんとなく調子が悪かった給湯器がいよいよ動かなくなりまして、ただでさえクッサイのに風呂に入れない危機。ときどき気まぐれっぽくは動いてくれるのでその機を逃がさず入ることでなんとか凌いでおりますが、問い合わせてみたところもう全部交換しなきゃならん、ってことで新しい給湯システムが来るのは来週になるとか、なんとか。幸い近所に銭湯もあるので、最悪の事態は回避できそうなのですが…。

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3