1.尻の穴にアリナミンEXでも突っ込んでみるか[生存報告]
(2008-04-21 21:58:53)


「殿中ーっ!殿中でござるーっ!!殿御乱心にござるーっ!!!」

きっと、疲れているんだな。

先週水曜日のこと。何を思ったのか小生、仕事で任されているサイトのデータベースを一本綺麗に消し飛ばす。電子の藻屑になったのは一部のテーブルだったとは言え、よりによってバックアップの無い領域だったことが判明して世が世なら切腹ですなぁ、あばばばばばば泉岳寺へGo!

※こういう時に切腹最中は便利なのだと思う

GoogleYahooのキャッシュを漁ってどうにか表向き表示されていたデータは拾い集め、あとはチマチマと裏側で使うパラメーターなんかを概ね推測で埋めながらどうにか復旧したのは丸24時間後のこと。「もーぅ、死にたい〜」某ものまねをしながらご迷惑をお掛けした面々にお酒を振舞ってなんとかクビは免れた次第。

続いて金曜日は新人さんたちの歓迎会。山のように仕事があったので遅れて行ったらば着いたとたんに一次会終了で小生篤志家となる。畜生、飲ませろや!っつーことで二件目でビール焼酎ワインなどを餌無しでガンガン飲んでいたらあっというまに終電のお時間に。

池袋駅まで3人くらいで移動していて「私もう帰れる電車ないですぅ」なんて話を聞いていたのは覚えてんだけど、そこからしばらく記憶寸断。気がつけばいつも降りる駅でちゃんと降りて歩いていたんだけど100mほど進んだところで気がついた。「小生の鞄はどこかね?チミィ。」

駅に戻って恐らく電車の中に忘れたらしいことを伝え、後はどうすることもできないので家に帰る。財布もカードも鍵もぜーんぶ、鞄の中じゃい。幸い携帯電話だけは手元に残っていたので嫁様に詫び倒してドアを開けていただく。嫁様が半年風呂に入っていないホームレスを見るような目で小生を見る。一通り言い訳をしたところで西武鉄道小手指駅から電話が鳴って、鞄が回収されたことを聞き、取りあえずホッとしたところで再び記憶寸断。

翌日土曜日、埼玉県所沢市にある小手指駅へ向かう。時々寝過ごして小手指まで運ばれたりしたこともあるので「それほど遠い所でも無いんだろうよ」と勝手に思っていたんだけど行ってみたらえっれぇ遠くて片道20kmオーバー2時間コース。確かこの道のりを記憶が無いままタクシーで帰って来た事もあったような…。

鞄は無事回収され、特に何かが無くなっているということも無く、深く深く感謝と陳謝を繰り返し所沢を後にしたのでした。世の中まだ捨てたものじゃぁありませんでしたよ。スパスィーボ。

この後も週末の間、出掛ける度に携帯を忘れて行ったり、車で出掛けて帰って来たあとライトをつけっぱなしにしていて大家さんがわざわざ教えに来てくれるなどの失態を繰り返し、どうも調子がオカシイ。次週末はいよいよ黄金週間だというのに、こんな事では困るンだよチミィ。

ところで今年もギリギリまで話題にも上らないけど変態侍定例会、やらないか?

1/419

コメント(2)
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3