1.マカオ占領計画1:予約編 その2 泳いで渡ればタダで脱北者ゲームも楽しめます。[マカオ]
(2008-05-07 22:54:48)


第二の試練は香港⇔マカオ間の交通手段です。今回小生らは香港へは一切立ち寄りません。ただマカオを目指すのみです。そこで唯一の手段となるのが香港国際空港⇔マカオを結ぶ船Turbojetです。…いつ日本語のページができたんだろ。少なくとも小生が予約したときは無かったのに。「Turbojet」は当日香港国際空港内のカウンター(帰りはマカオフェリーターミナル)で直接チケットを購入することもできるのですが、便数が少ないので予め予約をしておくのがベターです。特に帰りの飛行機が朝早いため、唯一帰れるのは始発便である8:15マカオ発。これに乗れないなどという事態だけは避けなければなりません(事実、帰国当日フェリーターミナルに行ってみたら該当の便は「満席」となっていて予約無しでは予定通り帰れない事態になるところでした)。

予約はhttp://www.turbojetbooking.comにアクセスして(ここからは今も多分英語のみです)、面倒ですが「Apply Membership」から会員登録を行います。登録するとメールにIDなどの情報が送られてくるので指示に従って記載されたURLにアクセスします。ここからいよいよ予約。まず往路はFrom Cityに「Hong Kong Airport」(「Hong Kong」ではないので注意)を選択、To Cityに「Macau」を選択。日付は到着当日、時間は飛行機が香港に到着する13:30から2時間を見込んで「15」時を選択。「Return Trip」にチェックを入れると復路のチケットも同時に検索できます。帰りの日時と時間は始発の8:15発に乗らなければならないことが判っているので「8」を選択。続いてNumber of Ticketで人数を選択。最後に、搭乗クラスは「Econ(エコノミー)」「Super」が選択できるようになってますが、HK$100(1400円程度)の差ですので「絶対に空席だらけだろ!」という自信がなければ「Super」を選択することを強く推奨します。その理由はまた別途後述いたします。

「Search」ボタンを押すと検索結果が出てきます。まずは往路の検索結果の中にちょうど良い「15:30」の便が表示されておりますので、そこにある「$」のボタンをクリックします。すると別画面が開いて人数分の名前やら国籍、誕生日、パスポート番号、フライトの時間などなどの入力が求められますので頑張って埋めます。「Confirm」ボタンをクリックして問題がなければ続いて復路です。今回の場合、マカオ8:15発の便に乗って香港10:45発の飛行機に乗る旨を入力したら「乗り継ぎの時間が足りてないからダメよ」的なエラーメッセージを吐かれましたが、JALの場合だとマカオのフェリーターミナルで飛行機のチェックインまでできるようになっていて、フライト出発の2時間20分前までに出る船であればOKとなっております(こちらを参照)。ここは船の予約フォームで飛行機の時間を若干詐称して「11:00」発とすることでエラーを回避。無事香港国際空港⇔マカオ間の船便も確保できました。クレジットカードで決済するとすぐにメールが送られてくるので内容を確認します。また、先ほど予約をした画面にて「Booking Record」のタブをクリックすると予約一覧が表示されますので、それぞれ詳細画面を開いてプリントし、当日持って行けばOKです。

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3