1.体に悪い物程美味いし、臭い物に何故か興味を持ってしまう。それが人間。[生存報告]
(2007-05-29 23:45:16)


小生の会社は赤坂にあるわけでして、ナントカ還元水産大臣が自害したとか、この手の事件が起きる度に上空は戦争かっつー程ヘリコプターが飛び回って五月蠅いのなんのって。中国からナントカ家宝首相が来たときは街中街宣車で「カエレカエレ」コール大合唱だし、何かと騒がしい所で働いているわけで、それでも何か良いところがあるかっつーと…特にコレと言ってねぇな。早く家を個人事務所にして限りなく引き篭もりに近いワークスタイルにしたいモンだ。移籍関連の決着は、もう間もなくの予定ナリ。定例会in東京の話は今暫く待って頂きたい次第。

今頃んなって花見の話もどうかと思うんだけど、今回は4月初旬のお話。

東京の花見の名所つったらどこも芋洗い状態なわけで、今の家から近い石神井公園しかり、ちょいと離れた井の頭公園、砧公園しかり、ゲンナリすることウケアイ。何年か前に行った、昭和記念公園は入場料取るだけのことはあって、広い割に人は程々と好印象なのですが電車で立川行くのメンドクセ。

ある朝家から2〜300メートルの所に桜が大量に咲いている固まりを見つけまして、調べてみるとそこは小さな公園で、ここなら良いかもと急遽週末に花見を決行する事となりまして。

<画像:近所の桜>行ってみるとこれがビックリ、本当に小さな公園なのですが植えられている木がほぼ100%ソメイヨシノ。年に1度、この1週間だけ光り輝く何とも儚い設計だ。だがそれがいい。人の数は多からず少なからず、殆どが近所の家族連れで実に平和な感じが良いですな。何度か酔っぱらいが事故を起こしたのか、何となく危険な匂いがする遊具が軒並みバリケード封鎖されているのがちょいと興醒めですが。川も池も無い公園ではありますが、ゆっくり呑める雰囲気がすっかり気に入ったのです。何より家から歩いてスグってのが良い。現在の家に住む間は、花見と言えばココに決定であります。…露店も何も無いんだけど、粉物屋台出したら儲かるかな。フヒヒヒヒ、無許可でスミマセン。あ、生ビールは1杯800円ね。そこの巨匠のコックから好きなだけ出して(ネタとは言えあまりに酷いので以下略)。ゴールデン。

嫁様は花見なんぞ今回が初めてと言っておりますが、詰まるところ明るいうちから外で酒を飲む口実を大人は欲しているワケで、風流の名を借りたこの解放感を是非毎年味わいたい所存。

もっとも、小生は口実なんぞに頼らなくとも昼間から外でビールを飲むことに何の抵抗も覚えない野良っコロなんですがね。もう仕事中でも「神の水」とか言って飲み出しそうな勢い。いや実際夜遅くなって来たら缶ビールにコピー用紙を巻いて申し訳なさそうに飲んでるし。γ-GTPとやらの数値が上がっているので酒を減らせなさいなどと言われておりますがそれは即ち「死ね」と言われているに等しいのでお気遣いのみ有り難く頂戴する所存。

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3