1.OB会(1)[生存報告]
(2008-11-25 22:07:25)


<画像:新宿歌舞伎町「本陣」>
鉄板焼きやお好み焼き・もんじゃ焼き、たこ焼きも楽しめる新宿歌舞伎町「本陣」にて

小生が昨年夏まで在籍していた某社(仮にA社とします)をつい最近退職して、全然別方面に転職をしたという後輩様からわざわざ連絡を貰い、仕事の山がちょっとだけひと段落した先週末に飲んできました。ほぼ同時期にもう一人、アルバイトで働いていた、かつては小生の直下でwebの勉強をしていた男の子からも同じく辞めましたメールを貰っていたのでこの席に一緒に呼ぶべきかどうか迷ったのですが、それぞれ辞めた理由がやや異なる様子でもあるので別々にした次第。アルバイト様は家がお互い近そうなので休日のどこかで会っても良いかな、と。

人が会社を辞める理由というのは細かく見れば十人十色ではありますが、一部不可抗力を除いて大きく割れば「不満」か「欲求」のどちらか、或いはその両方だと思います。この日飲んだ後輩様の場合だと不満1割+「もっと成長したい」という欲求9割。強く前向きな姿勢なので心配無く「おめでとう」を言えるケースでございました。会っておけて良かった。

小生はと言えば現在の会社でそろそろ10年選手にならんとする微妙なお年頃。時はまだ20世紀であった99年9月に某巨大情報産業R社のDTPプリプレス部門会社から転職して紆余曲折の後、現在に至ります。就職氷河期世代であることも重なり、所謂同期と呼べる横の繋がりも無く、上下の厚い層に挟まれた息苦しいポジション。

現在の仕事場に「異動」で移ったのは、昨年の夏。その前のA社には設立当初から7年少々お世話になりやがて、A社社長との間に如何ともし難い相互不信を残して飛び出したのでした。上の話に当てはめれば「不満9割+小生をちゃんと使える組織に移してくれという欲求1割」ってトコロですな。結構後ろ向き。

その前後にもA社では中堅〜若手の退社が相次いでおったのですが、いつしかA社を辞めた人間同士が、誰が呼びかけるでも無く集まるようになっておりまして、脱北者倶楽部の様相を呈するようになっております。全部集めたらA社の現役従業員数よりも多いんじゃないでしょうか。その中で小生は唯一、グループ会社間での異動をした特殊かつ微妙な立場ですので振る舞いがやや難しいところではありますが、個人的にはA社の事はもう忘れて原則的に無関係無関心を貫くことが唯一最良の方策だと考えております。ただ集まって、かつて在籍した会社の悪口を言い合うだけの集まりだとつまらなくなりますし。この集まりが良いところは元々優秀な人が集まっている上に、次にこの関係を活かして新しいこと・楽しいことができないかを模索している点にあります。とりわけ、現在の居住地練馬区石神井公園近辺に住む複数のライター様たちとは仲良くしていただいておりまして、多大な影響を与えていただいております。小生の心が独立に向けて傾いているのも、この方たちの影響が少なくありません。この集まりについては、また近日中に忘年会がございますので面白い動きがあればまたチラ裏したいと思います。

なんだかいつにも増してとりとめのない話ですな。年末を迎えて気持ちを整理したいだけなのかも知れません。聞いてアロエリーナ、的な。

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3