1.犯人に告ぐ。今夜は好きなだけシコって眠れ。[web制作]
(2008-11-29 22:00:11)


以前、Google画像検索で当サイトを普通に検索するとなぁ〜んにもヒットしないけれどもセーフサーチフィルター」なるものをカットして検索するとどっさりヒットして、要するにアダルトサイト認定されているらしいですよ、ってなことを書きました。

>> Googleイメージ検索八分事件勃発?

心当たりがあると言えばあるし無いと言い張れなくも無いのですが、そもそもGoogle自体がアダルトサイト認定を一つひとつやっているのか?という疑問が残っておりまして、その後そのまま「まあいいや」となっておったのです。

本日、GIGAZINEにて「フィルタリングソフトによって自分のサイトが違うカテゴリに分類されている場合、どうすればいいのか?」という記事が紹介されておりました。要約すると、NETSTARという会社が世のサイトを一つひとつ目視してジャンル分けをして、その情報を各種サービスに提供しているのですが、そのジャンル分けがちょっとどうなのよ?・・・という内容。このサイトでURLを入力すると、どんなジャンルに分類されているのかを確認できるというので、早速当サイトを調べてみました。

<画像:当サイトはアダルトサイトらしいですよ>
アダルトサイト認定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

カテゴリ一覧」にある説明を読んでみましょう。「成人嗜好>51.文章による性的表現」に分類されるサイトの内容は

アダルトチャット・掲示板や官能小説など、画像は含まずに文章によって性的表現を行うサイト

某尊師のモノマネやりまーす。なぜなんだ、ちくしょう!

ま、これでGoogle様からアダルトサイト扱いされている理由もわかったような気がしますね。どいつもこいつも・・・。

 

【続報】犯人逮捕のお知らせ

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3