1.アナログマの屈辱[生存報告]
(2009-06-14 17:47:33)


<画像:東芝REGZA 42Z8000>

アキバのヨドバシにて東芝のREGZA「42Z8000」を購入。早速今晩運び込まれるのだそうです。はえぇ。

元々の要望は、「デジタルチューナーが2つ以上あるHDDレコーダーが欲しい。ブルーレイレコーダーはまだ要らない」だったのですが、世の中そんな製品はほとんど無くて、右も左もブルーレイレコーダーばかり。

「んじゃ、安いブルーレイレコーダーを買ってきて、後でHDDを大容量のものに載せ換えればOKかね?」とか思ったのですが、文字通りそうは問屋が卸さないらしく、そんな簡単にHDDを換装できないよう、メーカーも小細工を働いているのだそうです。同じメーカーの、同じシリーズで、機能の差がほとんど無くて、HDDが500GBのものと1TBのもので価格差が約7万円とか、調べれば調べるほど現在のブルーレイレコーダーを買うのがアホらしくなってきます。きょーび1TBのHDDなんて外付けタイプでも1万円台で買えるっつーのにナメてんのかと。

そんな中、先日弟夫婦の家に遊びに行った際に知ったのが、この東芝REGZAのZシリーズ。現在、唯一と言える「USB接続で外付け汎用HDDをレコーダーとして使える」液晶テレビなのですな。テレビ側を買うことは当面先だと考えておったのですが、この機能があれば話が変わってきます。

一方で、今回購入したテレビは21万円台ではありましたが、ヨドバシポイント+エコポイントなるものが6万円分付与されるので実質15万円強となります。500GBの外付けHDDはセット価格で100円w。後はHDDの容量が苦しくなれば安いUSB外付けHDDを買ってくるなりすれば良い訳で、これは思いがけず我々の要求を満たす上に予定外の大型液晶テレビが付いてきたようなモンです。次世代DVD戦争に敗れた東芝を、小生は全くノーマークにしておりましたがこれはとんでもない逆転技でしたな。ブルーレイ陣営がやりたくても絶対できない機能という意味では怪我の功名と言えるんじゃないでしょうか。

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3