1.【淡路・徳島ツアー'09夏その4】老若男女大集合☆鳴門ナイト[生存報告]
(2009-07-24 23:52:26)


夕方、義母様御親戚御一行が小豆島観光から戻ってまいりました。各々軽く風呂に入って、即宴会でございます。小生を加えて総勢18名。前の日も、小生以外の皆さんはエクシブの中の、別の店で宴会をされたとかで、二泊連続エクシブ内で宴会とか、どんだけおカネ持ってんですかと。

今回の集まりは、主目的が御長老の米寿祝いです。そしてちょうど、嫁様ともう一名の誕生日が偶然重なりました。これを盛大に祝うわけです。半分以上の方は、既に小生の結婚式の時や、その後東京で飲み会があったりして面識があったのですが、まだまだ初対面の方も大勢おられます。立場的には完全アウェーの小生なのですが、熊本を中心とする御親戚の皆さんはとにかく明るくて、排他的な雰囲気など一切無く、小生を大いに歓迎してくださります。家族として扱ってくれるのです。嬉しいことです。ウチの親戚のノリと全く一緒なのも、きっと安心できるポイントなのでしょう。目一杯、応えねばなりません。お酒ー、お酒ー。

お酒のメニューに、先ほど小生が買ってきた「瓢太閤」が載っておりまして、お値段は小生が購入した価格のちょうど2倍でした。エクシブで2倍なら、まだ良心的と見るべきでしょうか。軽くスルーして、もっとお安い酒で酔うことにします。瓢太閤は帰ってからの楽しみにしておくのです。

<画像:エクシブ鳴門 初海の和食>

料理がまた美味しくてですね、綺麗に盛られた和食が次々と出てくるのですよ。名物の鯛とか鮎とか鳴門金時とか、思いがけず食べることができて満足。

皆さん、今日の小豆島旅行で起きた珍事件などで大盛り上がりです。こういう話って、後々になっても酒の席で繰り返し話題になるんですよねー。何度聞いても笑える、親戚同士だけの絶対にすべらない話ってのは、どの家にでもあるものです。例え、話の内容がくだらなくても、大事な宝物みたいなものですな。いいもんだ〜いいもんだ。

なんでか宴会の中締め&本締めで小生が音頭を取ることになり、それだけ可愛がって貰えているのだと解釈して随分と調子に乗った口上をのたまったワケです。この時、「明日朝から東京へ向かってまたロングドライブではありますが、このままカラオケ大会になろうとも小生決死の覚悟でお伴します!」という覚悟だったのです。実際、何人かが「よーし、この後カラオケ行こう!」って言ってたし。

幸い?二次会は特に無く、健康的な時間に解散となりました。部屋に戻ってウコンの力を注入して、ようやくぐっすり眠ることができそうです。昨日も今日も、疲れを吹き飛ばせる程楽しいお酒が飲めて幸せでございますよ。

つづく

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3