1.映画化未定・俺の空 退役軍人編[変態侍]
(2007-10-10 22:33:32)


< ページ移動: 1 2 >

ある朝、いつものように駅へと向かう道でふと目の前を横切った物体が足元に「ボトり」と落ちまして。いったい何事かと思ったら、足元にはこの春生まれたのだと思われるメジロの子。巣から飛ぶ練習でも早まったのか、まだロクに羽ばたくこともできない有様でして。とにもかくにもこのまま放置していてもココは練馬、自転車に轢き散らかされることウケアイなのでいとも簡単に拾い上げる小生。

ねんがんの しあわせのあおいとり をてにいれたぞ!

…ここでとある記憶が蘇る。遥か昔に書いていた日記にも晒した事がございますが、小生が昔、車の往来がドえらく激しい交差点にてカラスだかハトだかの赤ん坊を拾い上げて、結局は1週間ほどで死なせてしまった、ちょっと悲しい思い出。

そうでなくても小生はこれから東京名物特盛満員電車に乗って会社に向かう手前メジロの子を握り潰してしまえばそれはもはや悪夢でしかないのであります。たまたまメジロの子を拾い上げた場所が、昔ながらのパーマ屋さんの前でして、店の中を見るとオバサンが開店の準備をしている最中のような感じでして、小生半ば無意識のうちに助けを求めた次第。オバサンがとてもいい人で、すぐに状況を察したらしく何も言わずにメジロの子を受け取ってくださって、これでまぁすぐに死なれたりしたらそれはそれで超申し訳無いんだけれども、飛べるようになるまであと少しなわけだし、元気でいて欲しいなぁ、などと身勝手ながらも祈るばかり。

「幕張って、何線で行けばいいの?」

滋賀の巨匠からこんなメールが携帯に届いたのはその翌日。一体何を言っているのだこの軍人は。よくよく聞いてみれば急な出張で東京に来ているらしく、ついでに幕張メッセで開催されているCEATEC JAPAN 2007を見に行きたいのだとかで。事情はよくわからないんだけれども、夜時間があるならメシでも行こうかと誘ったらば、日帰りの予定を変更してホテルを取っちゃうから恐ろしい。しかも帝国ホテルとか意味がわかんないし。元々泊まりの予定じゃなかったことを知ったのは、合流してメシを食い始めた秋葉原での事でして…なんだかめっちゃ申し訳ないんですが。

「死ぬまでにいっぺん泊まってみたかったんよ、ぎゃはははは!」

そんな、ただ寝るだけのホテルでは勿体無い所に部屋を取っているというのに深夜1時過ぎまで飲みに付き合っていただいて、さらに静岡の王様の日記から仕入れたネタでメイドカジノなるところに行ってみたら22時までしか営業していないとか全くやる気の無い有様で。まぁ会社から歩いて秋葉原駅に向かう途中でこの店の前を通ったんですけれども、入り口の装飾からしてすんごいやる気の無い雰囲気は存分に伝わって来てはおったんですが。

飲みながら巨匠とは、主に

などを語らって、解散。各々タクシーで寝床に向かったのであります。なお巨匠はこの翌日も、滋賀に帰って午後から仕事なのだとかで…最初から全部聞いていたらむしろ明るいうちに帰らせたっつーほど、申し訳ないことこの上なし。


< ページ移動: 1 2 >
1/419

コメント(7)
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3