1.おい母さん、ビールを持って来なさい。今夜はお祝いだ。[変態侍]
(2007-10-29 21:49:08)


< ページ移動: 1 2 >

いやぁ、しかしなんですな。ネットで知り合ってかれこれ10年。変態侍メンバーの結婚式に参列するなど夢にも思っておりませんでしたな。

と、いうわけで10月27日に大阪へ、はらぐさんの結婚式&挙式披露宴に参列するべく行ってまいりました。同じく参列する変態侍の面々は小生を入れて合計7名で、それぞれ住む場所が物理的に離れているため、当日まで打ち合わせらしい打ち合わせもできないままに集合と相成りまして。

当日は朝早く起きて6時過ぎに家を出発、朝8時半発の飛行機で大阪へ。小生にはスピーチ&余興の依頼が来ておったのですが、前日まで仕事でバタバタしながら何とかカンペだけは作ってきたという状態だったので、本番直前に頭に叩き込む時間を作りたかったのです。

まずは大阪駅の喫茶店にて大阪のケーイチ師匠と、続いて滋賀の巨匠静岡の王様&凌辱王と合流してさぁ打ち合わせするかー…と言ってもこのメンバーが集まったら、ついいつもの悪い癖で変態ネタのオンパレードに。クサいテンションを無駄に引き上げてから、挙式の会場へ移動。ここで三重の猫耳命先生、最後に大阪のへも長官と合流して、着替えたり、用意された酒を飲んだり、クサいネタを周囲にばら撒いたり。

やがて時間が来て挙式が執り行われるチャペルへ案内される。チャペルでの人前式という、一風変わった式でしたが不覚にも小生ポロっときましてね。へへ、歳をとるといけねぇや。

式が終わって外のガーデン風な一帯でフラワーシャワー。ここで上空から白い羽がふわふわと舞い降りて来まして、かつて新郎はらぐさんが押し売りに負けて50万円相当のローンを組まされた事件を思い出し「あーっ!あの羽毛ふとんがあああぁあああ!」などと暴露系ネタで楽しんでおりました。楽しんでおりました、と言いながらも実はこの辺りから変態侍の面々にはある違和感のようなものが感じられておりまして。

続いて披露宴。70名という比較的大人数での賑やかな宴は、各位のスピーチや余興で和やかに進行しまして。…小生のスピーチ&余興はボロ雑巾でしたが。幸いにも変態侍の面々が辛い空気にも負けずに頑張ってくれたのでどうしようもなく終わる、というレベルには至りませんでした。うう、みんなありがとう、そしてすまん。猛烈に感謝しながら、猛烈に凹む小生でありました。かつてはこういうのが割りと得意なほうでもあったと思っていたのですが、最近は人と常に話すってことがなくなりつつあった事も原因してか次の言葉ってやつが全く頭に浮かんでこなくてですね。いかんいかん、明日から人とたくさん話すことを心がけよう。英会話スクールに行くとか言ってる場合じゃないっつの。NOVAには申し込まなくて良かったのだナァ!

夕方、披露宴もお開きになり特に二次会もないということで変態侍は会場から離脱。良い式&披露宴でございました。…が、この後各々が微妙に感じていた違和感について、某お好み焼き店にて意見を交換することになり最終的に新郎はらぐさんを呼んで事情聴取を行う必要あり、との流れに。これについてはまた後日。

静岡の凌辱王が翌日も朝から、今度は静岡で結婚式に参列する必要があるとの事で王様ともども夜の新幹線で帰り、同じく翌日仕事だという滋賀の巨匠も二人と一緒になって帰り、大阪のへも長官も帰ったため残ったのは大阪のケーイチ師匠三重の猫耳命先生と小生の三人。こうなるとわかってたら小生も今夜帰る予定で考えたのですが。

残った三人で大阪駅からほどちかいサウナへ行って風呂&軽く飲み。とはいえ、朝早くに起きて来ていたこともあってもう眠いのなんのって。話もそこそこに、23時ごろには先に失礼して眠りに落ちた次第でして。いやはや申し訳ない。


< ページ移動: 1 2 >
1/419

コメント(3)
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3