1.日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社(JIS&T)に物申す[マネー]
(2010-05-26 08:45:06)


<画像:日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社(JIS&T)のインターネットサービスはかなり残念>

世界的に市場が下げ下げモードでお嘆きの大兄も多かろうと思います。毎度おなじみカリスマ糞株トレーダーの穂谷屋です。今日はちょっと文句を書きます。

昨年、勤めていた会社を辞めた時のこと。小生が勤めていた会社では企業型の確定拠出年金(日本版401k)に強制加入となっておりましたので、ここで運用していたお金をすべて、個人型の確定拠出年金機関へ移管する必要がありました。この際、移管先は選択の余地が無く表題の日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社(JIS&T)となった訳です。多分、会社の取引銀行であった東京三菱UFJ銀行が窓口になっている都合だと思います。

で、移管の手続き開始から4か月程経過した今年2月頃にようやく資金の移動が完了して、運用指示などが出せるようになりました。ここまでは、普通。しかし、移った先には実に様々な不満がございます。

1.インターネットサービスが酷すぎる

インターフェースがどうしようも無いだけならまだしも、情報があまりにも足りていないのです。余りに不足しているので問い合わせようとしても、ネットからどうやって問い合わせて良いのかが判りません。散々探したのですが問合せのフォームなどは見つかりませんでした。そのくせ、「よくあるお問合せ」というメニューはあります。クリックしてもロクな情報が載ってないのですが。問合せを受け付けるのが面倒ですか?月々結構な手数料を取るくせに、仕事は適当ですなぁ。

もう一点、せめて月次の運用推移が見えるようにしてほしい。取引履歴としては一応、確認することはできるんだけれども、拠出額と運用額の推移をグラフで見せるくらいの事はやってほしいですな。小生は毎月末に数字を取ってエクセルでグラフ化したりしてるんですけど、あまりに不親切じゃないですか。

2.商品構成が酷すぎる

移管時に、毎月お金を拠出していくAコースと、拠出はせず運用だけでいくBコースのいずれかを選択するように指示されたのです。Bコースの商品構成ってのが既にどうしようも無くて、安全運転を目指す定期預金しか選べないような、年金として甚だ残念なものだったので小生はAコースを選択しました。このAコースというのも、あまり褒められた構成ではなくて、まず今現在選択できる商品がたったの20種ほどしかありません。で、大半が国内の株式連動型となっていて、あとは少々の外国株、外国債券、定期預金、損保型...などとなっております。

小生、しばらくは外国株インデックスに全力投球しておったのですが、今月はじめには流石にマズそうだと考え一旦すべての資金を他へ移す事にしました。そしたら、当然あるだろうと思っていた国内債券インデックスが選択項目に無いのです。いったいどういう了見よ。もうこの場面で選べるのが定期預金一択って。アホか。

こうした下げ相場でも行ける商品が無いなら、いっそ自分で運用した方がマシなんですけどね。金価格ETFとかさ。

4か月弱使ってみて、あまりにも酷い上に改善の要望を伝える手段も無いと来たもんで、ちょいとここで訴えてみました。これから確定拠出年金に加入する、あるいは移管するといった方の参考にもなれば幸いです。

最後に日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社(JIS&T)さんへ一言。楽な仕事してんじゃねぇよ!

1/419

コメント(3)
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3