1.変態侍釣り馬鹿選手権2007秋・紅葉わかさぎ釣りin芦ノ湖完全版(1):集合![変態侍]
(2007-11-22 22:41:18)


去る11月17〜18日に開催されました変態侍釣り馬鹿選手権2007秋・わかさぎ釣りin芦ノ湖のまとめ版でございます。

まずはじめに今回の参加者各位に謝りたい事がございます。この時期は芦ノ湖よりも山中湖の方がとてもよく釣れているらしい。いやぁ、これは不覚。山中湖ならこれから寒くなってもドーム船という強力な兵器が存在します故に次回はぜひ山中湖でリベンジをしたいと思います。

*****

さて当日。小生&嫁様は早朝3時半に出発です。今回は釣りの後にわかさぎの天ぷら&鍋を囲んだ宴会もありますので、その辺の調理器具なんかも車にどんどん詰め込みましていざ出発。この日はこの冬一番の冷え込みになると聞いておったのですが、東京を離れて走るうちに外気がどんどん冷たくなって行くのがわかります。しかしながら今回の釣りを猛烈に楽しみにしておった我々のテンションは上り最速でぐいぐい上って行きます。どうでも良いことなのですが数日前から「成田童夢と今井メロ(笑)」というフレーズが小生の頭の中を繰り返し支配して困っておりました。今思えば疲れと寒さから来る風邪の前兆だったのだと思います。

まずは厚木小田原道真鶴道路を通って熱海駅へ。電車から降りてくる客の中にいる半袖の馬鹿に車のハイビームを浴びせると猛然とこちらに走って向かって来ました。5時半・伊東からやってきた静岡の王様と合流。さっそくウンコだの入ったトイレで紙が無いだの、まだ人がほとんどいない熱海駅でクサイ変態劇場全開です。

この少し前に滋賀の巨匠から電話が入り、静岡の陵辱王とともに日本平付近を走行中であり芦ノ湖へは予定通り6時半に到着予定、との事。巨匠は結局前日23時頃まで仕事をしていたとかでほとんど睡眠を取れていないにも関わらず、声のトーンは絶好調。やはり同じくテンションは猛烈に上がりまくっている模様。

真鶴道路を戻る方向へ進んで小田原から今度は北上、一路芦ノ湖へ向かいます。途中コンビニでビールや食料を仕入れ、現地やまびこさんには巨匠たちの5分遅れで到着。芦ノ湖付近の気温は2度。湖面には湯気が立ちこめていて箱根の紅葉の中、とても幻想的な景色でございます。ああ、心が洗われる。クサいナニも洗いたい、ってのはいつのネタだったか。

つづく

1/419

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3