1.税金返してっ!!![マネー]
(2008-01-18 19:54:46)


まぁお恥ずかしい話ではありますが、小生一昨年に株取引で大きな穴を開けてしまいまして、その損失を繰り越すために昨年末に久々の確定申告を行った訳です。 昨年は全く市場で勝負しておりませんので、その恩恵にもまったく無縁となってしまっているのですが、まだあと2年間は繰り越すことが可能ですので、面倒ではありますがまたまた確定申告に挑むわけです。

と、そこへ。税務署よりオンラインでらくらく。e-Tax 国税電子申告・納税システムという案内の冊子一式が届きましてね。存在は知っておりましたが、昨年は期限に間に合わず手書きの申告で大変苦労しましたので、今回は是非使わせていただきたいと思っておった次第。

早速手続きを始めますか→進むだけ進んだところで「メンテナンス中」という表示が出たのが先週末の話。そういうことは入り口で言えよクソハゲが。

気を取り直してイチからやり直したのが本日。…わからん。まぁ小生も頭が良いとは言えませんが、それにしてもわからなすぎる。これを団塊世代が「いやぁ〜、便利な世の中になったものだよチミィ〜」などと言いながら軽々と使いこなしているとは、とても思えない。

まず電子申告を初めて使う者は、「開始届出書」ってものを所轄の税務署に提出する必要があります。オンラインでも提出できます。ふむ。

「開始届出書」っつーのはPDFフォームになっていて、主に申告する個人のパーソナルデータを入力するようになっている。で、どうしてもわからないのが、必須項目になっている「納税用確認番号」っつー欄。送られてきた書面を片っ端から見ても、そんな物は存在しないし、まずは自分を疑え、ってことで今入力している書類が本当に初めて利用する者の為の物なのかどうか、何度も確認した。「よくある質問」も嫌になるほど見て手掛かりがゼロ。いい加減ムカついてきたし、金曜の夜、いつ役所システムが「メンテナンス」に突入するかも知れないので適当な番号を入力して送信。

もーう、どーでもいいやー。

技術面はいろいろ頑張っているんだな、って思えるところが沢山あるんですが、如何せん、この役所特有の不明瞭さが頭にきますな。徹底的なまでのアンチ・ユーザー・フレンドリー。「なんだかよくわからないんだけど、きっとこういうことなんだろうなぁ、でも何のためにあるのこれ?」みたいな感触。

コームイン
「ここに書くのはこういうことだよ、そんなこともわかんないのか?まったく庶民は低レベルで困るワイ!」
ショミン
「わかっているのはお前らだけだよ、普通の日本人がこれを見て理解ができなきゃオカシイとか思っているお前らが無能なんジャイ!」
みたいな。

後に「納税用確認番号」なるものは、暗証番号的に使う任意の数字であることが判明して余計にグッタリ。それならそうと入力欄に書けよ、税金泥棒。どこが「オンラインでらくらく」だ、ふざけるのもいい加減にしろっつーの。

※どこをどう直せば良いのか、徹底指導を承ります。お問合せは hotaniya★addressclub.net まで(と書いて、「★」を「@」に替える必要があることがわかるまでにとても時間が掛かるのと同じ構図ですな)。

1/419

コメント(2)
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i 3.0b3